リマインズ新聞より抜粋「コラム集」

thereminds.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 2018.7.21 @仙台 BIRDLAND semスキン用のアイコン02

  

2018年 07月 21日

2018年7月21日。仙台は4ヶ月ぶり。来てくれたみんな、ありがとう。たまたま見てくれたあなたもありがとね。これを書いている今はまだ仙台に向かう前、前日の夜20:08、横浜市内の自宅にて。このあと仙台に向けて出発するよ。ライブ楽しみだな。仙台のみんなに会えるの楽しみだ。

Googleマップで仙台までの道のりや所要時間を調べていた。Googleマップを見ていると、ストリートビューが出てきた。俺はついついそのストリートビューを見てしまって、だんだん楽しくなって、しばらくストリートビューでいろいろ見てしまう。(ストリートビューとはその地図上の地点の実際の写真がパノラマで見れるやつね。)自分の家とか検索して見たり。職場の周りとか、生まれ育った街とか、好きだった子の家とか、いろんな場所のストリートビューを見て楽しむ。特に目的はない。ただ、見て楽しむ、それだけ。

さっきストリートビューで操作を誤って、なぜか北アイルランドのオマーという街に俺は降り立ってしまった。もちろん行ったこともないし全く知らない街だ。そこのストリートビューの中には、当然のように道があり、家があり、車があり、草や木があり、人もいた。実際にその場所に行ったかのような気分になった。そのまま俺はいろんなところに行った。インドにも行ったし、ニュージーランドにも行った。マダガスカルにも行ったし、イスラエルにも行った。どの街もみんな違ってみんな良かった。見慣れない街、見慣れない景色、見慣れない雰囲気が、それぞれにあった。

その中で共通して写っているものもあった。見たことある空、見たことある雲、見たことある太陽の日差し。そうか、俺たちがここでいつも見ている空や雲や太陽や月や星などは、こんなところでも見れるのか、モスクワでも、ジャカルタでも、ブエノスアイレスでも、同じものが見れるのか、と思って、すごくわくわくした。

仙台は今どんな夜ですか?みんなの見ている景色は、みんなの生きている世界は、どんなですか?俺たちは今から仙台に向かう。今、横浜は晴れていて、いくつかの星と上弦の月が夜空に浮かんでいる。今回の旅ではどんな出会いがあるのかな。世界中で、日本中で、いろんな人が、いろんな場所で、いろんな環境で、いろんな状況で、生きてる。あなたも、俺も。それだけで、それを想像しただけで、とんでもなくわくわくしてくるような、ぞくぞくしてくるような、そんな時ありませんか?うまく言えないけど、この感覚はそもそもうまく言えないものなのだ。


~2018.7.21発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2018-07-21 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2018.7.5 @新宿 ACB semスキン用のアイコン02

  

2018年 07月 05日

2018年7月5日。本日新宿ACBにて。来てくれたみんなありがとう。いつも来てくれてるみんなも、久しぶりなアナタも、今日初めて見てくれたアナタも。THE リマインズが毎ライブ書いているこの新聞も、第211号か、212号か、213号か、214号か、ぐらい?まで来ました。この新聞がなければ俺たちはもっと楽チンだけど、これだけ継続していると、もう書かないほうが違和感です。今日も書く。

この前ドラッグストアに行った時に、1本150円ぐらいするはずのジュースが98円で売っていた。ドラッグストアとかってコンビニとかに比べてすごい安いよね。いつも家では基本的に水かお茶しか飲まない俺だけど、安いから買おうかなーと思ってダンボール24本入りを手に取ったけど、レジ直前で、やっぱりやめよ、と思ってそのダンボールを元の場所に戻した。俺は騙されてる!これはこの店の戦略だ!引っかかってたまるか!と思った。

150円が98円になったら、1本あたり52円も安い。それを24本買えば、52円×24本=1248円、つまり1248円もお得、という計算だ。果たしてこれを「お得」と言っていいのだろうか、と思ったのだ。普段基本的に水かお茶しか飲まない俺、いつも通りなら、そもそも1248円お得どころか、ジュース代24本分の2352円すらもかからない、いわゆる無駄な出費だ。もちろんその代わりにジュース24本が手に入るわけだけど、それ、べつにそこまで欲しいものでもない。そこがポイントだった。

この前、とある会話を聞いていた。「もっとライブに来なきゃね、バンドはいつ解散するかわからない。いつ見れなくなるかわからないから、今のうちに見ておかないと!」と。たしかにそうだ、何事も永遠に続くわけではない、今を大切にしたい、、?、、と、2秒ぐらい騙されそうになった。でも何か違和感を感じた。いつ見れなくなるかわからないから今のうちに見ておこう、というのとはちょっと違う気がした。それが理由でライブに行ったこと、俺はない。今見たいから行くのだ。「いつか」の話じゃない。ちょっとしたニュアンスの違いなんだと思うけど。

ジュースは、それが飲みたいと思ったら、買うよ。それが仮に98円じゃなくて、150円でも。ライブは、見たいと思ったら行くべきだ。そしたら来てほしい。ライブに行きたいと思った時、もしそのバンドが解散や活動休止してしまっていたら、もうそれはそれでそういうことだ。仕方ない。だからこそ、俺たちは今を大切にできる。微妙なニュアンスの問題だけど、俺にはすごく重要なことに思えた。「今を大切にする」ということの意味を履き違えてはならない。「お得」の意味も履き違えてはならない。

今日、来てくれてありがとうね。


~2018.7.5●発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2018-07-05 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2018.6.16 @本八幡 3rd stage semスキン用のアイコン02

  

2018年 06月 16日

2018年6月16日。本八幡3rd stageにて。初めて本八幡に来た、呼んでくれてありがとう。そして読んでくれてありがとう、毎回書いているこの新聞のコラムも今回第211号。続いてる。すっかり俺は連載〆切に追われてるコラムニストの気持ちだ。昨日の名古屋ライブから一夜明け、意識朦朧としながら本八幡に向かってる。もう少しで到着するみたい。ずっと行ってみたかったライブハウスに遂に行ける。

俺たちTHEリマインズは、今年2018年は「リリース革命2018」と題して、一年間で新曲をリリースしまくろうという前代未聞の企画を遂行中、現時点で11作目までリリースした。目標の24作まで、残り13作。まだ峠も越えてない。既に新曲は増えまくっているし、かなりリリースした気がするけれど、まだまだこれからリリースする曲たくさんあるし、ここまであっという間な気もする。あと13曲しかリリースできない、、ちょっと感覚がおかしくなってきてるけど、このままだと来年も再来年も続けれるんじゃないか、なんて思ったりもするほど。どの曲もめちゃくちゃ大切な新生児たちなので、そこそこ大きく育った「流れ星」くんや「ネバーランド」くんだけじゃなくて、ニューカマーたちの顔や性格も覚えてもらえたら嬉しい。

初めましてだから、自己紹介が多くなるけれど、俺たちTHEリマインズは2011年7月24日に結成して、7年ぐらい経った。もう7年、まだ7年。やっと7年、たった7年。ドラムは今までに3人辞めた。ベースは1人も辞めてない。ギターは俺。スタッフもあれからずっと同じだ。機材車は2つ辞めた。CDはアルバム2枚とミニアルバム1枚とシングル2枚、それと今年のリリース革命の1〜11作目の16枚出した。曲はたくさん書いた。ライブは何本やったかは覚えてないぐらいはやった。友達も増えた。その中で元気堂と出会った。今日呼んでくれたそねちゃんに出会った。バンドに対する気持ちはずっと変わってない。

正直に言って、やり方に上手・下手はあると思う。ライブにかっこいい・かっこよくないはあると思う。曲に良い・良くないはあると思うし、お客さんが多い少ないはあるし、経験に多い・少ないはあるし、メンバーが変わった・変わってないもあるし、辞めたいと思う・思わないもあし、もうダメかもと絶望したこともあるかもしれないしそんなこと全く思ってないかもしれないし、辞めたヤツや辞めたバンドを冷ややかな目で見るのか寂しいと思って泣くのか、時代や流行を味方につけるのか敵に回すのか、今君が心で笑ってるのか泣いているのか怒っているのか怯えているのか。

しかし、そんなことよりも「続いているのか、終わってしまったのか」その2択だけにこだわればいいんじゃないだろうか。結局はね。

このコラムも続いてる、リリース革命も続いてる、ライブも続いてる、リマインズは続いてる、元気堂も続いてる。今のところは。順調だね。ああ順調。絶好調。



~2018.6.16発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2018-06-16 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2018.6.15 @名古屋 R.A.D semスキン用のアイコン02

  

2018年 06月 15日

2018年6月15日、名古屋R.A.Dにて。
昨日の東京でのライブを終え、打ち上げ終わりに気を失って目覚めたら愛知県にいた。愛知って一瞬だ。そしてまた気を失って目覚めたら今度は銭湯にいた。銭湯にも一瞬だ。そしてお風呂に入って指示された時間に出て車に戻って、入り時間に間に合う?って独り言つぶやいたら、「計算済みなんで。」って声が聞こえた。「さすが!」と返事をしたが、心の中では「ありがとう」と言っていた。俺は完全に一人で生きていけてない。そうして自由奔放に今、車内でこの今日のコラムの筆を執っている。今日もきっと一瞬だ。昨日のように、今日も一瞬だ。今日これからの楽しみも、明日の今頃には「昨日の思い出」だ。嫌だ。

今日6月15日の名古屋のライブ出演が決まったのは、2月だったか3月だったか4月だったか忘れたけど、まあ数ヶ月間ぐらいは楽しみに待ってた。それまでに何本もライブあったから、まだまだ先の話だったけど。そして遂に今日だ。この先8月や9月や10月のライブも決まってきている。まだまだ先の話だ。楽しみにしている。名古屋に関しては、8月には2回もライブしに来ることになりそう。(8/12と8/23)まだまだ先の話だ。けど覚えておいてくれ。

「未来のことはわからない」とは言うけれど、まあ確かに、来年にはあなたはもう名古屋にいないかもしれないし、今年リマインズは解散するかもしれないし、今夜俺は死ぬかもしれないし。けど、よほど突発的なことがない限り、近い未来のことはなんとなく想像はできるじゃん、自分のことなら。明日何してるか、来週何してるか、来月何してるか、まあギリで来年どうなってるか、ぐらいまでは、なんとなくだよ。ただ、さっき銭湯の湯船に浸かりながら考えていたことは、10年後のことはびっくりするほど想像できないな、ってこと。どうなのかなあ。あなたは結婚して子どもがいるのかも。ライブハウスに通ってた頃を懐かしく思い出してるかもしれないし、身の回りの大切な人たちが、もういなくなってるかもしれない。逆にもっと大切な人が現れているのかもしれない。10年。1年でもなく5年でもなく「10年」。

俺は10年前は愛知県に住んでいた。仕事の関係だ。一度バンド辞めていわゆるサラリーマンになって、音楽のことを忘れようとしながら、まさにここ愛知県にいた。あれから10年。横浜に戻り、友達とTHEリマインズを始め、たくさんの人に支えられながら今日、また愛知に来た。

10年。一瞬。想像できないのに10年後は一瞬なのだろうか。「間に合いそう?」と独り言をつぶやいたら隣から「はい」って聞こえた。俺はこのコラムをちょうど書き終える頃、心の中で「ありがとう」と言った。

今日も来てくれてありがとうね。


~2018.6.15発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2018-06-15 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2018.6.14 @西永福 JAM semスキン用のアイコン02

  

2018年 06月 14日

2018年6月14日。西永福JAMにて。初めまして。来てくれたみんなありがとう。これを書いている今は横浜から西永福に向かう車内にて。今日はeverland。久しぶり。今日は演奏時間も長いし、昔の曲も最近の曲もたくさんやる予定。みんなのお気に入りの曲やるかな。みんなの今の気分にあった曲やるかな。

今日のイベント終わった後、新宿は「ロックンロール以外全て嘘」というバーで、アフターパーティーがあるみたい。お客さんも参加可の打ち上げを兼ねた飲み会みたいな感じかな。そこで俺はDJを担当することになってる。昨夜遅い時間からCD棚を眺めながらいろんな音楽を部屋で聴いていた。DJのための曲選びのつもりだったのに、気づいたらただの音楽鑑賞になっていた。懐かしいCD、思い出のCD、お気に入りのCDがたくさんありすぎてホントきりがない。DJの時間24時間あっても足りない。

「どんな音楽が好きなんですか?」「普段どういうの聴くんですか?」「音楽のルーツは何ですか?」そんな会話が飛び交うことはよくある。野暮ったい質問だぜ、中学生の会話かよ、なんて思いながらテキトーにアイドルの名前を答える、なんて時期はもうとっくに通り越した。今なら真面目に答える。「昨夜は〜〜を聴いてたよ」と。それなら答えやすい。昨日食べた晩飯を思い出すようなもんだ。

「好きな音楽は何ですか?」は「好きな食べ物は何ですか?」ってことだ。ラーメン、カレー、寿司、ハンバーグ、って言っていけばキリがない。「今、何が食べたいですか?」なら答えやすい。今の気分で食べたいものは思い浮かぶ。「昨日何食べましたか?」も簡単。思い出せばいいだけ。好きな食べ物でも、今はその気分じゃない時もある。お腹が空きすぎてとにかく何でもいいから食べたい時もある。一切何も食べたくない時もある。同じものばかり食べていたら栄養バランスが崩れて体調を壊すかもしれない。辛いものも食べたい。甘いものも食べたい。優しいものも食べたい。こってりしたものも食べたい。どっちにしろ、食べないと生きていけない。そして好きな食べ物は選べない。いろんな栄養素と、いろんなタンパク質と、そしていろんなエネルギー源で俺たちのカラダやココロは作られている。



~2018.6.14発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2018-06-14 00:00 | 竹内