リマインズ新聞より抜粋「コラム集」

thereminds.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 2017.10.7 @横須賀 かぼちゃ屋 semスキン用のアイコン02

  

2017年 10月 07日

2017年10月7日。横須賀かぼちゃ屋にて。今日も来てくれたみんなありがとう。俺は横須賀という街が100年前から好きだったので、こうしてまた憧れの地に来れて嬉しいです。今横須賀に向かう車内にて、今日はあまり天気が良くないから海でBBQもできないし、街でショッピングもできないけれど、ライブはしますね。

過ぎ去ったものが、「過去」。未だ来ていないものが、「未来」。現に存在するものが「現在」。すなわち現在以外は、過去も未来もすべて現に存在してないもの、というわけだ。ということは過去も未来も全てイメージの世界。今あるのは現在のみ。改めてそんなことを考える。横須賀のことを考えるといつもそんな過去と未来における時間軸みたいな妄想のような現実に向き合ってしまう。その理由は俺はなんとなくわかるけど、それは俺の中の秘密。

例えば過去に何かの分野でとてつもなく活躍した有名人がいたとして、今はもう活躍も人気も落ちぶれてしまったとして。その人が今俺の目の前に現れたとする。「この人今はもう何でもない人だ」、「この人は過去の人だ」なんてことは俺には思えず、「過去にあんなに活躍してたあの有名人の現在だ」、と思う。「今、目の前のこの人がまさにあの過去を持っている人だ」と。「現在が全てなのだから、過去のことはどうでもいい」ではなく、「過去を通り抜けて来たその現在が全てだ」という感覚。似ているようで全然違う。そもそも現在が全てだ、なんて言わずとも、現在が全てに決まってる。現在しか現に存在してないのだから。その現在には、ここにたどり着くまでの過去がちゃんと含まれているってことだ。含まれているっていうか、溶け込んでいる、という感じか。

歴史的な城とか寺院とかに訪れても同じ感覚になる。かつてあの武将やあの僧侶がここにいたのか、とか。歴史的な骨董品や楽器とかを見ても同じ感覚になる。かつてのあの時代やあの空気をくぐり抜けてきたのか、とか。歴史的な老人や海や空を見ても同じ感覚になる。かつてのあの戦争やあの世の中を体感してきたのか、とか。歴史的な横須賀の街やかぼちゃ屋を見ても同じ感覚になる。かつてあのアーティストやあのライブを見てきたのか、とか。

あえて「歴史的」なんて言葉を使ってみたけれど、1秒でも過去があれば産まれたての赤ん坊だって歴史的なものだ。ということは俺たちも俺たちの周りにあるものも全てが歴史的であり、その「過去」が溶け込んでいるのが「現在」なのだ。今あなたの目の前で起きていること、今あなたの目の前にあるもの、それが「現に存在する」全て、それだけだね。

横須賀に来るとなぜかそんなことばっかり考えちゃう。大好きな街だ。また来るね。今日もライブ見に来てくれてありがとう。

[PR]

# by dreamingofyou | 2017-10-07 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2017.10.6 @高田馬場 club PHASE semスキン用のアイコン02

  

2017年 10月 06日

2017年10月6日、高田馬場CLUB PHASEにて、来てくれたみんなありがとう。今日はバンドでライブです。サポートはCATS EYEレンジュ、いつもありがとう。そして今日は新曲も2曲やるし、1年以上やってなかったあの曲もやる予定。楽しみだし、楽しみにしてて。

Aさんから伝言を受けたBさん、Bさんが俺にそれを伝えてくれようとするんだけれど、Bさん自身がAさんから言われたその内容をいまいち理解していなくて、俺にはさっぱり内容が伝わらない、ってことがあった。「どういうこと?」って聞いても「どういうことですかね?」って、そりゃ俺がわかるわけない。

それで思い出したんだけど、昔、学校とかで生徒の前で演説したり挨拶したりする先生や代表生徒で、事前に用意してきた原稿やカンペをそのまま棒読みするだけの人、そういう人の内容って全然入ってこなかった。何言ってるのかよくわからない。というか話がわかりづらい。まあ本人が用意した原稿なら本人が考えた内容なのかもしれないけれど、でも誰かに何かを伝えるなら話すその時にその場でその内容を、自分の気持ちのフィルターを通して言葉を発しないと、話って全然伝わらないし入ってこないよな、なんて思った。本人が理解してないとかもってのほか。理解してたとしてもその場で自分の気持ちのフィルターをくぐらせているかどうか。そしてそもそも相手に伝えようという意思があるのかどうか。だからと言って俺がそれができているのかと言えば全然できていないのかもしれないしわからないけれど、俺はその時に思ったことしか言わないし、あらかじめ言おうと考えていたことでもいざその場でそう思えなくなってしまったら言わない。生きていない言葉なんて、相手に伝えるためには何の意味も持たないと思うから。

俺はBさんからまた一つ大切なことを学んだ。Bさんがもし全校生徒の前で演説をするならば、きっとSiriみたいなしゃべり方をするんだろう。せっかく誰かに何かを伝えるならば、恋人や親友や家族に話す時みたいな、ちゃんと心から湧き出るあなたの生きた言葉が聞きたいのに。ちなみにBさんは「尾藤」さんではありません。(※尾藤さんってのはリマインズのベースです。)

あ、今日の話はバンドの話とかじゃないから。


~2017.10.6発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2017-10-06 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2017.10.3 @八王子 RIPS semスキン用のアイコン02

  

2017年 10月 03日

2017年10月3日。八王子RIPSにて、弾き語りライブ、来てくれたみんなありがとう。今日はまみことたけうち2人の弾き語り、THEリマインズは現在ドラムが不在なので、これがTHEリマインズの全てなのですね、良いのか悪いのか、少なくとも今日に関しては「良い」ほう。なので今日は全出演者弾き語りイベントですが、俺たちだけはバンドです。ほえええ。

主催者が「laugh space」というイベントタイトルをつけ、今日までにそしてこれからもたくさんのイベントをやってる模様。というかリマインズも以前にも出させてもらったことある。今回も呼んでくれてありがとう。「laugh space」が「笑える場所」ってことぐらい中学生ぐらいでもわかる。下手したら小学生ぐらいでもわかる。でも下手したら大人でもわからないかもしれない。俺はわかる、と思っている。ライブハウスは笑顔になれる場所だ!って、それは「顔」の話じゃないでしょ、ってことぐらい。

特に今日みたいなアコースティックのイベントになると、音量や勢いやステージパフォーマンスで観客を魅了させる、なんてことは難しい。なんだかハッピー、楽しくて踊れる、ワイワイ騒ごう、なんてのは通じないのかも、ま、もともとそういう派閥ではないから何でもいいんだけど、そういう意味の笑顔じゃないもんね。悲しい曲を聴いて思いっきり泣けばいい、楽しい曲を聴いて思いっきり笑えばいい、恋愛の曲を聴いてあの人を思い出せばいい、未来の曲を聴いてまた今日からの決意を誓えばいい。音楽は自分の感情を増幅させてくれるものであり、そして必ず、必ず、自分をプラスにしてくれる。どんな悲しい曲でも、どんな寂しい曲でも、どんな悔しい曲でも、そうでしょ、必ず自分をプラスにしてくれるものだよ。それが本当の意味で心の「laugh」に繋がるのではないだろうか。

だからあなたの心をバリアフリーにして、恥ずかしいぐらいむき出しにするのだ。音楽という風をもろに当てればいい。その風は心を乾燥させるのではなく、これからのあなたを動かすその心をおおいに潤すことだろう、なんて思うよまじで。それが音楽であり、ライブハウスだ。泣け、笑え、思い出せ、失望しろ、そして希望を抱け、それがlaugh spaceだ、なんてこと、下手したら小学生でもわかるけど、下手したら大人でもわからないかもしれない。俺はわかる。


~2017.10.3発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2017-10-03 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2017.9.23 @名古屋 Party'z semスキン用のアイコン02

  

2017年 09月 23日

2017年9月23日。本日名古屋、来てくれたみんなありがとう。横浜より、THEリマインズです。みんなへ、来てくれてありがとう、というより、名古屋に向かってるのは俺たちのほうだ。さっき横浜を出発して今名古屋を目指して運転中。スタッフ杏里の横顔をチラチラ見ながら、明日のライブのことをちょっとだけ考える。杏里はどんな気持ちで運転しているのだろうか。まみこは訳あってすでに名古屋にいるらしく、車には不在。まみこはどんな気持ちだろうか。きっと何も考えずに寝てるな。俺はこのコラムを書きながら、明日のライブの主催者のことに想いを馳せる。

明日のライブの主催者は数年前に知り合って、お互いいろいろあって、この度彼は結婚することになって、その結婚式の2次会としてライブイベントを主催するにあたって俺たちTHEリマインズを呼んでくれた、という流れです。つまり明日のライブは結婚式の余興みたいな形ではあるが、俺たちは遠慮なくいつも通りのTHEリマインズをやらせてもらう。結婚の「け」の字もライブでは言わないと思うし、ましてや結婚式の二次会だなんて俺は思ってない、それぐらいライブのステージという場所は、俺たちの時間は他の誰のものでもない俺たちのものなのだ。だから先に言っておこう、心からおめでとう。俺もすごくすごく嬉しいです。

彼が、彼女が、今まで何人に恋をして、付き合って、別れて、泣いて、また新たな人に出会って、幸せを感じ、それでもまた別れ、泣いて、立ち直って、また別の恋をして、を繰り返してきたのだろうか。俺は詳しく知らないけれど、たくさんの人に恋をして、何度も別れを繰り返して来たのはおそらく事実だろう。俺もそうだけど、せっかくいい人に出会っても不本意ながらも別れが来るのは必然なのかも。もはやそういうもんだと思うのだ。恋の始まりのドキドキがなくなる、とか、飽きる、とか、慣れる、とか、嫌なところが見えてくる、とか、新鮮さがなくなる、とか、思いやりの心を忘れる、とか、しまいには、この人じゃなかった、だなんてね。てかそんな「別れのきっかけ」が訪れることはごくごく当たり前の話。むしろ順調。ただそこから実際に「お別れ」になるかどうかは話は別。どうせ飽きるよ、新しい人に出会っても。また違う恋に憧れて何かを掴み取ったとしても、どうせまた同じことになるのさ。そういうもん。だから、意地でもこの人を離さない、という覚悟と忍耐が全てだと思います。結婚もしてないクソガキがこんなこと言ってすまん。でも俺はそう思う。本気になるということはそういうことなのかも。その覚悟を決めた2人を心から祝福したい。お幸せに。たまにはこんなコラムを書いてしまうのもまた一興なり。ただ、ライブはライブなので、どんなイベントでもTHEリマインズはTHEリマインズなり。

~2017.9.23発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2017-09-23 00:00 | 竹内

semスキン用のアイコン01 2017.9.19 @横浜 F.A.D semスキン用のアイコン02

  

2017年 09月 19日

2017年9月19日。横浜FADにて。今日も来てくれたみんなありがとう。横浜は俺の住んでいるところだし、横浜FADはTHEリマインズのホーム。言うまでもなく大切な大切な一戦。親愛なるTHE SKIPPERSのレコ発を祝うために全力で歌う。レコ発羨ましい、、俺たちも早くレコ発したい。明日のFADが楽しみすぎて夜更かししているライブ前夜の深夜4時。もうすぐ空も明るくなってくることだろう。寝て起きたらライブだ。

先日、眠れなくなった深夜に、1年前のこと、2年前のこと、3年前のこと、4年前のこと、どこまで遡って思い出せるか、という遊びをひとりでしていた。例えば9月に限定してもおもしろい。1年前の9月、2年前の9月、3年前の9月、4年前の9月、すごく楽しいひとり遊びです。ちなみに1年前の9月のこと、みんなは簡単に思い出せる?思い出してみて。思い出したら遊びは終わり。ただそれだけの遊び。しかし自ずと、その時と今との違いが勝手に浮かび上がってくるもの。ちなみに俺の1年前は、THEリマインズで「宇宙には上も下もない」というCDを9/4に出して、そのレコ発ツアーを回り始めたところ。ちなみに、今日からジャスト1年前の9/19は大阪でライブだったし、そのあと9/22には横浜FADでライブもしてる。ついこの前だったような気もするけど、当時は想像もつかなかったような未来に今立っているような気もする。みんなはどうだろうか。簡単に時は過ぎてしまう。だからと言ってどうしようもないんだけど、簡単に時は過ぎてしまう、ってことだけは知っておかなきゃな、といつも思って、それがその日のまとめになってひとり夜更かし遊びは終わり、眠りにつくのだ。早く次の新しいCD作らなきゃな。もう1年も経っちゃった。待たせててごめん。

明日のライブで新曲を2曲やろうと思ってる。そのうちの1曲に「いつかの幻」という曲があって、その名の通り、いつか見たあの幻は、これからも幻のままなのかな、それとも幻じゃなくなる時は来るのかな、そんな感じの曲だっけ。生きていく中で、自分はどうしたらいいのか、どこへ向かっていけばいいのか、どうあるべきなのか、わからなくなってしまう時。過去にとらわれてしまったり、誰かの言うなりになってしまったり、自分らしさや周りの状況が気になったり。俺にもみんなにもきっとあるのかも。そんな時に書いた曲。君は君のままで行け。その心のままに。シンプルだ。それしかない。俺は俺のままで行く。世界が敵になっても、時代が変わってしまっても。

早くレコ発したいな。THE SKIPPERSおめでとうございます。


~2017.9.19発行「リマインズ新聞」より~












[PR]

# by dreamingofyou | 2017-09-19 00:00 | 竹内